忍者ブログ
移転しました。
[692]  [691]  [690]  [689]  [688]  [687]  [686]  [685]  [684]  [683]  [681
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


大成建設の「地図に残る仕事」というコピーの話を担任が度々します。(2回だけど)
というか数学の授業の進行が早すぎると思います。


父は村上春樹には興味がないらしいけど、筒井康隆の名が父の口から出て驚きました。
若い頃読んだんだって。ん・・・?
筒井康隆って結構昔のSF作家なんですね。
星新一、小松左京らとともに「SF御三家」なんだそうです。
この中で小松左京だけは知らないのですが、日本沈没の作者のようです。
そして筒井さんは「日本以外全部沈没」なる作品集を出しているという・・・w

あと驚いたのは、「時をかける少女」ね、(今度映画化するの見たいんだけど)あれ筒井さんの1960年代の作品だったんですね。
後世に残るってすごいなぁ。


最近生まれた作品で、あと、50年先までは名作として受け入れられるものはあるでしょうか。
まぁ間違いなく存在するはずだけど。

私が好きな小説の一つは、初出が35年前になっております。
35年前の、小学校が舞台なので今とは全く違う印象なのですが、それでも感心しきりです。
「兎の眼」という、灰谷健次郎氏の作品です。
お暇ならば、ね。
私は積読家なので。笑。というか「つんどく」で変換できるのね、びっくりした。



今日は理科と数学で寝てしまった!
そして帰りの電車でも寝過してしまった。The寝不足。

早く寝るべき・・・なんですね。お疲れ様でした。ではではー。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日は何の日?
ブログパーツ 無料.com
カウンター
最新コメント
[04/03 くぅた]
[02/11 塊兎]
[02/08 さやえんどう]
[01/19 塊兎]
[01/09 塊兎]
[01/08 さやえんどう]
アクセス解析
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]