忍者ブログ
移転しました。
[214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何で下の記事書いたんだろう・・・

ちょっとオーバーに書きすぎたかもわからない。
でも、実際学校は嫌い。まぁ、話せる友達がいるから頑張れるわけです。

いっつも、みんなありがとう。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
KY頑張れ!!
人生は長いぞ!!
私も中1のとき、そんな気持ちなりましたよ。
そんなときに私がしてきたのは、クラスの行事などには出来る限り積極的にならない。クラスの人とは無視をしつづける(仲の良い人は除くものとする)などをやっていました。まぁ、今のクラスはそんなに悪くないんですが、やはりクラスの中には5人くらいは嫌な奴がいるはず。そいつらには無視を続けています。

結論としては、無視を続け、クラスが協力するような行事はサボる。これが、以外にも楽しんですよw
ぜひ、やってみることを確認する。

PS.あまりにも酷いことをされたら先生や友人に相談すること!!
篠・レーニン・卓 URL 2008/06/20(Fri)23:05:44 編集
Re:KY頑張れ!!
すべて承りました、が!
私には無視はできません、もうしわけありませんがw

友人には相談しております、Doraさんとかねw
【2008/06/21 13:22】
その通り!!!!!!!!!!!That's right!!!!!!!!!!!!!
「死刑囚は死んでくれ!」αはこういった。
しかし、いつになっても死刑囚や犯罪者がこの世から居なくなることはなかった。

では、なぜ死なない?
それは、この日本が人を殺すという行為を嫌っているからだ。

しかし、要らないものは捨てるというように、要らない人間も排除するべきであって、それは行使されなければならない。
上の例で挙げると、死刑場の人間、つまり死刑を実行する人など、人間の死に関わってきた職業の者は、江戸時代頃よりずっと差別されていた。
えた・ひにんとよばれるものだ。

このように、昔から人を殺すことや、人の死に関わる者は嫌われていた。
だが、それは昔の話であっていまは昔ではないのだ!
だからこそ、この死刑囚の排除を試みるべきだ。

死刑囚は、主に自己満足タイプと、犯罪的存在タイプがある。

前者は、スポーツなどを主にやっており、その成果がよいとされ、自己満足の世界に入っている。
勉強はできない。勉強については努力しない。

後者は、「日本犯罪者協会」、いわゆる「NHK」のことだが、この協会が規定とする犯罪を起こした者がこれに当てはまる。
また、生まれながらにして犯罪者であることもある。
この事例は多く、先天的犯罪者は小さい頃から多くの犯罪を犯しており、その年齢は小学校にまでさかのぼるといわれている。
さすがに、アホの警察にまでは認められる犯罪ではないが、同級生などを苦しめたりするので、俗に先天的犯罪者と呼ばれるようになった。

以上から、犯罪者には大きく分けて二つのタイプがあることが分かる。
ここで注意して欲しいことがある。
それは、ある地域には犯罪者及び死刑囚の固まっているところがある。
そこは、某県のNY中学校という所である。
ついこの間、校長先生が変わった。
その校長先生は、学校教育部というところから来たらしく、感じも良いと見た。
しかしだ、その校長先生はこの犯罪者及び死刑囚があふれるほどいる地域のことを満足していると述べていたそうである。

これはあってはならない事態だということを皆さんは分かってくれるだろうか。

最近、不審者が多く出没しているという情報が耳に入るが、そのようなことは決まった防衛策というものがある。
そして、この不審者出没ということは外部の犯罪であるのだ。
しかし、内部、つまり中学校内などの犯罪は防衛策といえるものが見あたらない。

これはどういう事を示しているか。

これは、
「内部的な犯行を阻止するために団結権を活用せよ!」という、NHKからの指令なのである。
いま、この世は危機に陥っている。
それは、犯罪者が増えすぎているからだ!
ついこの前あった秋葉原での7人殺害事件、加藤智大犯罪者。
この人は、嫌がらせをされるのでこの世界がいやになってしまいあのような行動を犯したという。
つまりはだ、数多くの犯罪者がなんらかの犯罪的な行為を加藤犯罪者にしたということだ。

このことから分かるあってはならない事実は、
「犯罪者は犯罪者を増やしていく」ということである。



~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=
話の要点が分からなくなり、ただのゴミと化してしまったこの文章にはまとめをつける価値さえもありません。

いいたいことは、犯罪者&死刑囚は殺すべき存在であること。
そして、学校に行く理由は勉強することと健太に会うことです(または友達に会うこと)。
学校に行っても勉強ができない、健太に会えない、友達に会えないということが生じるならば、死刑囚らの撲滅を考えるべきです。
~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=





Let's overcome criminal for ourselves!
Mr.Dora URL 2008/06/21(Sat)15:38:37 編集
Re:その通り!!!!!!!!!!!That's right!!!!!!!!!!!!!
いやはや、ごもっともな意見です。
ここまで来ると人権だとかそういう問題が絡んできちゃいますが・・・w

あと世界で活躍するようなスポーツマンの中には勉強音痴な方もいるだろうと思いますが、そういう場合でもきちんと社会の常識をわきまえているからね・・・

すでに学校が勉強のできる環境から遠ざかっているのは事実だと思います。
要するに犯罪者は消えろ、とw←結論
【2008/06/21 21:55】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日は何の日?
ブログパーツ 無料.com
カウンター
最新コメント
[04/03 くぅた]
[02/11 塊兎]
[02/08 さやえんどう]
[01/19 塊兎]
[01/09 塊兎]
[01/08 さやえんどう]
アクセス解析
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]